失敗しない車検の選び方

車検を通すために点検する法定項目は、コバックでもディーラーでも
ガソリンスタンドでも基本的には同じです。 では、何が違うのか?
提供する車検の品質と料金が違うのです。

自動車整備工場には種類があります。車検の実施台数や設備、国家資格を持った整備士や検査員の要員数などによって、「指定整備工場」・「認証工場」・「無認可の工場」に分けられています。簡単に説明しますと、

・指定整備工場

…国と同等の検査設備を有し、国から検査を委託されている工場です。
 車を陸運局へ持ち込まなくても自社で完成検査まで完了させることができます。

・認証工場

…整備は行いますが、完成検査については自社でできないため、陸運局へ車を持ち
 込まなければなりません。多くのガソリンスタンドや指定整備工場になっていな
 い工場がこれにあたります。

・無許可の工場

…指定も認証も受けていない工場です。もちろん完成検査のためには陸運局への持
 ち込みが必要です。また、正式な点検記録簿も発行されません。

指定整備工場と認証工場の大きな違いは、陸運局への車の持ち込みが必要かどうかです。やはり、陸運局へ持ち込むとなると人も時間も要しますから、価格に反映せざるをえない部分もあるでしょう。
また、前述のとおり、車検実施台数・設備・資格者数にも差があります。

「指定整備工場のほうが良い」とは一概には言えませんが参考にしてください。

現在は「安い車検」を売りにするお店が巷には溢れています。
ここで皆さんに気をつけて欲しいのは、
「基本料金は安かったんだけど、なんだか分からないうちに最後は高くなってしまった」というふうにならないでほしいということです。

「コバックが選ばれる理由」でも触れましたが、基本料金は安くして、追加整備の料金を高く設定しているお店もあります。ですから、お客様には車検総額で考える視点も必要です。

こんな点に留意してほしいと思います。

・車検に通らないから整備をするのか、通るけれどおすすめする整備なのかについて
 明確な説明があるか

・実際に自分の車を見ながら不適合箇所などの説明があるか

・他のお店と比べて追加整備の料金が高すぎないか

・「車の安全性」や「お客様の要望」よりも、「お店の利益」を優先した提案になっ
 ていないか

今では実際に店舗に行かなくても、そのお店のホームページを見れば多くの情報を得ることができるようになり、とても便利になりました。

その反面、インターネットには嘘もホントも混在していて、情報を取る私たちは十分な注意が必要です。

口コミや評判などは、関係者や専門の請負業者が書き込むこともでき、利用者の本物の書き込みかどうかを見分けるのも簡単ではありません。
「ベストアンサー」に選ばれているものも、中には間違っている答えもあります。

インターネットの情報を参考にした上で、実際に店舗に行ったり、電話をかけたりして、お店の雰囲気や接客・応対から何かを感じ取ることも必要なことかもしれません。

車検を行う上では、タイヤの締め忘れや重要部品の取付け忘れなど絶対に起こしてはならないミスがあります。

私たちは、タイヤの締め付け・ブレーキの組付け・重要部品の取付けなど、とくにお客様の安全に直接関わる部分については、作業者以外のメカニックによる二重(中には三重)の確認チェックシステムを確立し、整備不良が発生しないよう車検整備を行っています。

整備不良の台数やクレームの件数が分かれば、その工場のレベルを判断することもできますが、それは難しいと思いますので、そこで働く人の表情や顔つきを見るというのはいかがでしょうか。
クレーム対応ばかりしていると、自然と顔つきが厳しくなったり、元気がなかったり、笑顔がなかったりしますので。

ここまでいくつかお伝えしてきましたが、最後はやはり
「信頼できる工場(会社)か」です。

信頼できる工場かどうかを見極めるのは簡単なことではないかもしれません。

車検という商品の性質上、
車検に適合するか不適合かの判断
お客様におすすめする整備内容
お預かりした後の整備作業(お客様が見ることのできないところ)
料金設定
などなど、工場(会社)に委ねなければならない事柄がほとんどです。

それだけ、どこの工場(会社)に車検を出すのかは重要な判断なのです。
また、お客様の命を乗せる車を任せるのですから、価格だけでは決められませんよね。

では、信頼できる工場(会社)かどうか、どうしたら分かるのか。

長年のお付き合いの中で信頼関係が作られていくこともあるでしょうし、歴史のある会社(長く続いている会社)かどうかも1つの物差しになるかもしれません。
また、そこで働く整備士やフロントスタッフの表情・接客応対、店舗の醸し出す雰囲気から何かを感じ取れることもあるでしょう。

お客様ご自身で、実際に見て、聞いて、感じて、判断していただくことが大切です。

私たちはお客様に対して、とにかく誠実に、実直に向かい合うことを社是としています。

(毎朝の朝礼ではこんなことを大声で読み合わせもしています(^^))




お問い合わせ
お問い合わせはフリーダイヤル
安全に、永く、大切にを応援します! 採用情報 くるま屋さんのホンネブログ 車検のコバックオフィシャルホームページ